hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

一、結構、沢山

自分が2回やっただけなのに「結構やったことがあるよ」と言ってしまうから、他人がどのくらいの数で使っているか気になって、ちょくちょく聞いたりしていたのだが、どうやら人は、2以上は「結構」と言い、もう少し多くなると「沢山」になるようだ。どうやら現代人はゼロとイチしかない2進法で生きているらしく、それ以上になると途端に表現が文学的になってしまう。もう少し丁寧に数えることも出来るはずなのに、いいかげんなのだ。
どういうことかというと、たとえば、
「東京には友達が結構いるよ」
「海外には結構行ったことがあるよ」
こういった場合、2人か3人、もしくは2回か3回くらいだったりする。だったら2人居るとか3人居ると言えばいいのに見栄があるのか、「結構」と言ってしまう。5人だったら確実に「結構」だけど、3人は微妙なラインではないか?でも5人だと、今度は「沢山」になってしまう。
誰かが、「結構やったことがあるよ」と言ったら、「それって具体的に何回なの?」と聞いてみるとよい。ただし、あまりしつこく聞くと嫌われる。(経験談)

広告を非表示にする