hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

妙なことを考える

昨日は自転車で遠くへ行ってきた。特に意味はない。ただ何となくむしゃくしゃしてやった。非常に疲れた。
今日は今日で、一日中ずっと家にいて、ずっと本を読んでいた。小説ではない、勉強のための本だ。
どちらも、時間をかけすぎると、だんだんいらぬことを考えるようなことだ。そういうことを、この土日でやった結果、とてもくさくさとしてきた。妙なことを考える。
僕は、戦士と仙人、どちらになるべきだろうか?
戦士というのは、つまり、守るべきものや、世の中のために自分を犠牲にして戦う人のことだ。
仙人というのは、つまり、世を捨て、欲を捨て、自分を高める人のことだ。
この考えは定期的に行ったり来たりする。「世の中のことはどうでも良い。自分が良ければそれで良い。」と思うこともあるし、「世のため人のために生きよう。自分はどうなっても良い」と思うこともある。そんなもん、簡単に答えが出たらだれも苦労しない。
一人で閉じこもる週末だった。

広告を非表示にする