hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

ティッシュの箱

このたび、何年前のものか分からないティッシュが発見されました。昔のティッシュはこんなにも箱が厚かったのかと思わず写真に撮った(写真右)。古書店のような古い紙の匂いがします。前回に書いたチョコレートの包み紙みたいな匂いです。たぶん、輸送コストが安くなるから薄くしたんでしょう。同じ大きさの中に更に紙を詰め込めるようになったわけだけれど、そうしなかったのはどうしてだろう。値段が高くなって売りにくくなるからだろうか。

なんにせよ、時代の流れを感じたのでした。

広告を非表示にする