hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

寄りかかり歴 29年

立っているときは、壁にもたれたい。座っていると背もたれを使いたい。寝ているときは地面にもたれているも同然だ。人間は何かに持たれたがっている生物だ。とくに僕はそうだ。よくもたれている。習性と言ってもいい。もたれすぎて、なんだか筋力が弱っているのではないかと思えるほどだ。だら~っとしたい。

「立っている方が楽である」というやつが居る。そんなの嘘だ。人間は体重を何かに預けたほうが楽なのだ。「人」という字は人間同士が寄りかかって作られる。

二足歩行のロボットを作るのは難しい。なぜかというと、ロボットにはバランスが取れないからだ。人間だって、普通にやっているように見えるが簡単なものか。杖をついた方が楽だし、四つん這いのほうがもっと楽だし寝てれば最強。なにも敵わない。

広告を非表示にする