hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

そんなこと決まりきっている

livedoor ニュース - レイプ事件、「一番ワルい」のは誰だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/3136851/
 レイプをした本人に決まっています。そんなこと議論の余地も無い。駄目なものは駄目!これでオーケーな問題で、深く考える必要は無い。それなのになんでか深読みして変な解釈をする大馬鹿者がいて困る。どういう意図があってこの記事を書いたにしろ、ひどい記事だ。いろいろな意味で。
 まあ、これを書いた記者は面白おかしく一般とは違う視点で書いてみました程度に考えているかもしれないが、これは犯罪者の視点ではないのか?と思った。大抵加害者側の人間がこんなことを言う。

もし女性に非があったとしても

 それは「悪い」ということではなく別の要素だ。レイプする側される側で例えると、レイプする側は完全に「悪い」。レイプされる側は「エロい格好をしていた」とか「美人だった」「反抗しなかった」とか、そういう要素を持っていて、それは「馬鹿」とか、「無知」だからだ。世の中には悪い男が居て、自分が性的なことの対象になり得て、電車でエロい格好をしていたら、痴漢に合う可能性が上がるということはちょっと考えればわかることだ。だからと言って、悪いとは言っていない。ただ、少し考えが甘かったというか無知だと言うだけ。「馬鹿度」がx軸で「悪度」がy軸だとしたら、レイプや痴漢をする加害者側の人間は第一象限。両方プラスで死ねばいい対象です。でもレイプされる被害者側の人間は第四象限で、馬鹿度はプラス、悪度はマイナスです。
 この記者は馬鹿=悪と思っているんだろうけれど、それは単位系が違うと思います。

5月4日追記

僕の言葉が悪いせいでいらぬ誤解を与えているようです。申し訳ありません。
「馬鹿」「無知」というのは被害者側を責めているわけではありません。書いた当所「女性に非があったと仮定して、それはなんだろう?」と考えた結果そうなったのです。とにかく、非があった場合を仮定しているので、非難するような言葉を書いてしまうのは多少はしょうがないと思っているのですが、非難するつもりはありません。「加害者側の勝手で決まる不運さ」と言い換えてもいいかもしれません。
コメント欄で議論が繰り広げられているので、これから読む人はコメント欄も読んでもらえるとうれしいです。

広告を非表示にする