hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

機械を作る機械

今僕たちが使っている機械は、機械で作っています。人の手で作ったものはありません。機械を作る機械があるわけです。その機械もまた、機械で作っている。機械同士で作りあっているわけです。人の手で作られた者は本当に少ない。電化製品は皆無でしょう。でも、最初から機械を作る機械があったわけではないので、どこかに、機械を作る人がいたはずです。
もし、全世界の機械たちが一斉に元の材料に戻ったら、今のレベルまで機械が発達するのにどのくらいかかるでしょうか。意外と産業革命から今までと同じだけ時間がかかるかもしれない。

広告を非表示にする