hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

雪女が通った場合?

雪が溶けかけているが、まだ残っているところもある。雪の積もったところに足跡がついていて、その足跡のところだけが溶けているところと、足跡のところだけ凍っているところがある。地面がむき出しのところは大抵溶けているほうで、アスファルトの道路は凍っているほうだ。
たぶん足跡をつけるとそこは溶けやすくなる。太陽で暖まるのは地面からであり、地面により密着しているのは足跡がついた場所だからだ。だからアスファルトでも、むき出しの地面でも、とりあえずは足跡の部分が溶ける。重要なのは、そのあと溶けた雪が一晩を過ごして再度凍るかどうかだ。きっとアスファルトはそれが起こりやすい。だから足跡だけが凍っている道なんかができるのだ。だから雪女が通ったわけではない。あと、車のわだちの形に凍っている道路なんかも見られる。ハンドルを切らなくてもわだちの溝に沿って車が動くものだから、勝手に曲がっていく。電車気分だ。危険だ。

広告を非表示にする