hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

分岐点の話

重力加速度  9.8m/ss

地球上で物体を自由落下させた時に、一秒間に9.8m/秒ずつ速くなる。

だいぶ以前、4人位の中で重力加速度の話になったのだけれど、全く話が噛み合わなかった。なぜそんな話になったかは忘れた。だが、なにそれ?という人と、当然のように知っている人が分かれていた。僕は知っていた側で、理科の授業の時に出てきたので、みんな忘れているだけで、学んでいるはずなのになぁ、と思っていたのだけれど、いろんな人に聞いても知らない事が多い。

改めて思い返すと、「力学」の科目で学んだような気がしてきた。これは、理系しか取らない授業なので、メジャーな知識ではないということがわかった。力学の一番最初に出てくるようなことだったので、理系と文系が分かれるポイント、分岐点として、重力加速度を知っているかどうか、という点があるということを知った。

分岐点をはるか昔に通りすぎていたということを意識して、なんだか遠いところに来たものだなぁ、と思ったりした。

広告を非表示にする