hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

睡眠について

最近、睡眠時間を少なくすることを考えている。理由は、自分の自由に使える時間を増やしたいからです。睡眠時間というのは死んでいるも同然だと、ぼくの愛読書の中の登場人物が言っておりました。その人物は寝ることだけは素早いで有名ですし、押し入れで寝る猫型ロボットなどにそんなことを馬鹿にされつつもそのようなことを話し、眠らなくてもすむようにしてもらえるのでした。しかし僕はと言えば、色々と考えて工夫をして暮らすしかないのです。

固定観念の打破

今日は3時間しか眠らなかったから眠いとか、そういうのは思い込みだと思う。3時間なら流石に眠いけれど、毎日5〜6時間でも十分である。でもぼくは7.5時間くらいが健康を考えてベストな時間だと思い込んでいた。でももうそんなに必要ないのではないのかなと思った。。たぶん子供はもっと必要だけど、いちおうは大人の躰に成長したので、そんなに必要ないと思う。
あと、一回目が覚めて時計を見てまだ時間があるからもう少し眠れるという状況の場合、寝てしまうことが多かったけれど、それを止めた。

毎日同じ時間に起きる

眠くなったら寝る。そうして、定時に起きる。そのために起きなければならないような重要なことを一つ作ってみた。具体的には、朝にバイトをしたり、実験をしなければならないような状況を作ったりした。早起きしなければ自分だけではなく、他人に迷惑がかかるのだ!という状況になると、早起きせざるをえない。
そうやって、同じ時間に起きるようにしていると、だんだん習慣になってきて、目覚ましが無くてもそろそろ時間かな?という時間になると自然と目が覚める。たいてい、目覚ましよりも早く目覚めてしまうようになる。そうなったら、目覚ましをかける時間を早くしてしまう。また目覚ましよりも早く目覚めてしまう。また目覚ましをかける時間を早くする。2週間に5分くらいずつ早く起きるようになれる。
僕は1年越しで起きるのが2時間早くなった。寝る時間は変わらない。睡眠時間は5.5時間くらい。もう少し削ると昼間に眠くなるのでこの辺がベストだと思う。
あと、お酒を飲んでから寝ると睡眠の質が上がってすっきり目覚めることが出来るかもしれないと思って少しの間飲んでいたけれど、確かに、少し飲んでから寝ると、目覚めが素早いかもしれない。でも酒代が馬鹿にならないのですぐに止めた。お酒は好きな人が飲めばよい。

広告を非表示にする